リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:LovelyEngelfish
お肌をしっかり健康に保つことの大切さは
後になって気付く事が多いかもしれません。
日ごろの習慣をきちんと身に付けるだけではなく、
しっかりしたお手入れの理論を知ることも大切。
そんな手助けになれば良いなと思います。



ブログ内検索



RSSフィード



タグ

  • seo



佐伯チズ式スキンケア特集
佐伯チズ式美容法・スキンケアの実践。 佐伯チズ式を取入れて美肌への近道w

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯チズ式シミを消す方法


シミを作ってしまったら、そう簡単にキレイに消すという方法はありませんが、根気を入れてケアを続ければ少しずつですが、シミは薄くなっていきます。
私も佐伯チズさんが考案したシミ対策法で数ヶ月ケア続けていてら、3ヶ月くらい経過した頃にシミが少しずつ薄くなっていったことが実感できました。
これはシミに限らずスキンケア全てにおいて言えることですが、とにかく諦めることなく気長にそして根気よくケアをしていくことが重要だと思います。
薄くて浅いシミには、ローションパック+美白パックのケア方法を試してください。
深くて濃いシミには、ローションパック+美白パック+ビタミンCパックのケア方法を試してください。
ローションパックをすることで肌に通り道を作り、美白パックでメラニン色素を肌表面まで吸い上げて、ビタミンC入りの美容液で肌表面まで上がってきたメラニン色素を捕らえるという原理だそうです。
美白パックに使用するのは、チューブ式になっているクレイパック美白効果があるものです。
ビタミンCパックには、水で濡らしたコットンにビタミンC誘導体入りの美容液をつけて、気になるシミの部分に貼り付けます。
そのコットンの上をラップで覆うと更なる効果が期待できます。
また、シミを対策するうえで一番重要になってくるのが、シミを日常から予防していくということです。
シミの主な原因とされているのが紫外線なので、日常の生活からUVケアをすることがとても大切になってきます。
外出やスポーツなどをする時には紫外線を直接肌に注ぐことがないようにしてください。
佐伯チズさんの母は庭いじりが趣味だったため、シミがたくさんありました。
それを見てきた佐伯チズさんは、高校生時代から紫外線にとても気を使っているそうです。



スポンサーサイト
佐伯チズ式正しい洗顔方法 ダブル洗顔はダメ


佐伯チズさんが出版した本のサブタイトルに、「顔を洗うのをおやめなさい!」というのがあります。
「たくさん洗顔して、顔の清潔を常に保つ」というのが美容での常識だと考えている人もまだたくさんいると思いますが、それは誤った常識なのです。
顔には腸だどと同様に善玉菌といってお肌に欠かせないものが存在しています。
善玉菌の働きは、紫外線や外気からお肌を守るバリア的な役割があります。
洗顔を過剰にすることで、善玉菌が全く存在しなくなっては、お肌のトラブルを逆に招いてしまいす。
過剰な洗顔を行うことでアレルギーを起こしたり、ニキビができてしまうというトラブルを起こす例は決して少なくないのです。
それに、顔のお肌には適度の脂分も必要があるのです。
過剰な洗顔を行うことで、肌に必要な量の脂分がなくなってしまうと、今度は失った脂分を補おうとし、過剰なまでの皮脂が分泌されてしまい、結果的にオイリー肌になってしまうことも多々あります。
また、皮脂の役割にはお肌の水分の蒸発を防ぐフタというのもあるので、洗顔を過剰にすることにより脂分がなくなり、お肌のフタの役割がなく乾燥してしまいます。

このことから洗顔で一番注意しなくてはいけないのが、ダブル洗顔をすることです。
クレンジング後に、さらに洗顔料で顔を洗うことを、推奨している化粧品メーカーも多いので注意が必要です。
基本的にメイクを落せるほどのクレンジング剤で顔を洗えば、落ちない汚れなどはありません。
ダブル洗顔することで、肌に必要とされる成分まで落とることになるのでやめましょう。という考えをするのが佐伯チズさんの洗顔法です。


佐伯チズさんの洗顔の仕方

佐伯チズさんが行う洗顔方法というのは、洗顔料を使用することなくぬるま湯だけで素洗いをする方法です。
洗顔するときも、顔を強くこすって洗ってはいけません。
洗顔後の、タオルで顔をゴシゴシ拭くのも絶対にしてはいけないのです。
顔の皮膚はとても敏感で繊細なので、やさしくていねいに扱ってあげるのが基本なのです。
しかし、クレンジングはていねいにしっかりおこなって、メイクが顔に残るようなことをしてはいけません。




佐伯チズ式シワの原因と対策


シワの原因は真皮の老化
シワを対策するには、まず最初にシワの原因は何なのかを正しく知っておかなくてはなりません。
正しい知識をつけないと、魅力的なキャッチコピーがかかれた高額な商品に踊らされてしまうのでしっかりと勉強しましょう。
肌がたるんでしまったりシワができたりするのは、肌の表面(表皮)自体に原因があるわけではなく、肌の奥の真皮が老化してしまうことが原因です。
真皮は繊維の組織でできていて、その繊維に元気があれば、真皮の弾力で繊維がふっくらと膨れ上がり表皮をも押し上げてくれるのです。
しかし、老化が進むにつれて真皮の繊維がやせ細り、繊維に弾力がなくなることで表皮を押し上げる力も弱くなり、シワやたるみになって表皮に出現します。
なので、真皮を元気な状態にして、シワやたるみを改善させなくてはならないのです。

シワ対策には美容液が基本
肌の奥にある真皮にまでに栄養を与えることのできる化粧品は唯一美容液だけなのです。
佐伯チズさんの考えには、化粧品や人工的に作られたものには否定的という印象があります。
しかしそのチズさんもが美容液は絶賛していることから、その効果や安全性はとても信頼できるのだと思います。
佐伯チズさんは、化粧水を省くことがあっても美容液は必ず朝晩つけているそうです。
佐伯チズさんは、美容液の事を「お肌の栄養剤 」と言っています。
なぜならその効果には即効性があり、真皮を元気にしてくれるので、お肌のハリが断然違ってきます。
美容液をつける順番は、まず化粧水をつけてお肌のきめを整え、美容液が真皮にまで到達しやすいように細胞の道筋をつくります。
そして次に美容液をつけて、最後にクリーム乳液でその成分は出て行かないようにフタをします。
クリーム乳液は脂分を含んでいるので、美容液の前つけても意味がありません。
美容液をただの水分と考えるのではなく、お肌の奥まで栄養剤を届けることができるので、多少高価になるのは仕方ないことです。
化粧水(水分)と比べると美容液は高価なので使用しないというのは、比較の対象が異なりますし、もったいないことです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。