リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



プロフィール

LovelyEngelfish

Author:LovelyEngelfish
お肌をしっかり健康に保つことの大切さは
後になって気付く事が多いかもしれません。
日ごろの習慣をきちんと身に付けるだけではなく、
しっかりしたお手入れの理論を知ることも大切。
そんな手助けになれば良いなと思います。



ブログ内検索



RSSフィード



タグ

  • seo



佐伯チズ式スキンケア特集
佐伯チズ式美容法・スキンケアの実践。 佐伯チズ式を取入れて美肌への近道w

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯チズ式温ケア・冷ケアの方法


温ケア肌全体を暖めることにより血行やリンパの流れが良くなり、肌の本来もつ機能が活性化され、スキンケア化粧品の吸収を良くします。
効果的なのは、冬の外出の後や夏のエアコンで手足が冷たくなったら試してみて下さい。
タオルを水で濡らし、棒のように巻いてラップで包み、電子レンジで約30秒~1分温めます。
ラップでタオルを包むことにより冷めにくくなります。
温めたタオルで首の後ろや背中を暖めることで、顔や指先や足先などの冷え性にも効果的です。

美肌ミトン
フェイスタオルを半分に切り、その半分を折りたたんで手のサイズに合わせます。
手のサイズに合わせたら、袋状になるようにタオルの周りを縫い合わせます。
その袋に手を入れて親指がくる2、3センチあたりの所に縫い目を入れると親指の場所が安定して使用しやすくなります。
両手2つ分のミトンを作り、そのミトンを水で絞り、レンジで温めて、両手にミトンをはめて顔全体、首や肩などに当てて肌を温めます。
ツボがたくさんある耳を温めることでさらにリンパの流れを良くしてくれます。

冷ケア
肌の表面を冷やし、鎮静させることによって毛穴を引き締める働きをするのが冷ケアです。
肌を暖める温ケア後に冷ケアを行うことで毛穴がさらに締まります。
これをメイク前に行えば、化粧崩れがおこりにくい肌にしてくれます。
ラップに氷を包み、顔の上に当て回したり、タオルを水で濡らし冷蔵庫で冷やして、コールドタオルを作り、それで顔を覆います。
外出時には、デパートなどで生菓子を購入した時に入っている「保冷剤」を使用して冷ケアを行います。
保冷剤は、冷凍庫で凍らせてからハンカチに包んみ、持ち歩いて汗をかいた時にその保冷剤入りのハンカチで汗をぬぐいます。
保冷剤入りのハンカチでこまめに汗を拭いたり、顔を冷やすことによって、汗が顔からかきにくい肌質になったり、化粧崩れを起こしにくい肌になります。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chizustylemakeup.blog115.fc2.com/tb.php/26-5097fb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。